全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設。「絆・仲間・追及」が本会のモットー。メンバーは随時募集。オンライン代表のYukitoは「italki」で、プロの日本語講師。留学生の論文添削(志望理由書・研究計画書などの添削)と大学・大学院の面接練習がメイン。BASEの「JJPT日本語教育教材販売」で「過去に合格した模擬授業の教案」などを販売中!https://jjpt.theshop.jp/

★今や新型コロナ感染拡大により日本語教育の先行きは不透明で、今後、日本語教育の現場は、大きく変わっていくことが予想されます。このブログを非常勤講師の方々の交流の場として利用していただきたいと思います。
★日本語教育の非常勤講師として一緒に考えていきたい、また、こんなことをしてみたいと思われる方がございましたら、会員応募をお願いいたします。

【JJPT代表 森幸人 プロフ】
〇元公立学校管理職、広島大学大学院修了
〇 国内外の大学で日本語の専任講師を経験
〇現在、 オンラインプラットフォーム「italki」のプロの日本語講師
〇ノンフィクション出版。

岸田さんは、国葬によって総理としての業績を残せると思っていたのだろうが、意外にも国民の過半数の反対を受け、このあたりから読み違いが始まった。国葬を行うと菅氏の感動的な言葉に主役を奪われたと考えたようだが、器が小さすぎるし、そんな考え方しかできない人が総理では、国政をまともにできるはずがない。実際に物価対策を始めとして、国内の課題は全く手つかずで、何もしない、何もできない。政治家として、人として、力量の低い岸田さんが総理では、日本の将来は期待できない。

↑このページのトップヘ