全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設。「絆・仲間・追及」が本会のモットー。メンバーは随時募集。オンライン代表のYukitoは「italki」で、プロの日本語講師。留学生の論文添削(志望理由書・研究計画書などの添削)と大学・大学院の面接練習がメイン。BASEの「JJPT日本語教育教材販売」で「過去に合格した模擬授業の教案」などを販売中!https://jjpt.theshop.jp/

★登録日本語教員の国家資格の制度化により、この業界も大きく変わっていくことが予想されます。このブログを非常勤講師の方々の交流の場として利用していただきたいと思います。
★日本語教育の非常勤講師として一緒に考えていきたい、また、こんなことをしてみたいと思われる方がございましたら、会員応募をお願いいたします。

【JJPT代表 森幸人 プロフ】
〇元公立学校管理職、広島大学大学院修了
〇 国内外の大学で日本語の専任講師を経験
〇現在、 オンラインプラットフォーム「italki」のプロの日本語講師
〇ノンフィクション出版。

日本語学校によって学校のやり方が違うのは当たり前。
もし、嫌だなと思えば新たな日本語学校を探した方がいい。
気に入らない日本語学校で続けるのはストレス以外の何ものでもない。
新設される日本語学校もあるし、年中、どこかの日本語学校が求人をしている。
ただし、1年中求人をしている学校は、はっきり言ってやめておいたほうがいい。
非常勤講師が定着しない何か問題のある学校だろう。

日本語学校のバックに派遣会社がついている場合、気を付けた方がいい。
人事権を派遣会社が握り、校長には何も権限がないといった学校がある。
池袋のAスクールで私は派遣切りに近い行為をされたことがある。
事前に全く採用期間を知らされず、突然、採用期間が書かれた紙を渡された。
事前に本人と相談して合意の元に勤務するというのが通常ではないだろうか?
突然、来週から来てほしいと言われて何度も頼まれたので授業をすることになったが、
採用期間はわずか5か月という紙切れをその後渡された。
人事担当者に聞くと、更新はないと言う。
非常勤講師を「将棋の駒」の一つくらいにしか考えていない i 派遣会社はブラックそのもの。
「派遣切り」というのは、採用期間前に切ることを言うが、
この場合、新たな派遣切りである。
採用期間を知らされずに、即刻勤務させ、その後に採用期間を紙切れで知らせてくる。
悪質極まりない、新たな派遣切りである。
日本語学校のバックに派遣会社が付いている場合、気を付けた方がいい。
採用期間を事前によく確認して、更新の有無もきちんと聞いた方がいい。
ブラックな日本語学校はいくらでもある。
おかしいなと思ったら、ブラックな日本語学校かも?

どこの日本語学校も非常勤講師の求人がほほ同時期になっている。
どこの学校に応募しようかと迷うことがあるだろう。
時給や通勤時間などを考慮して応募したとしても、
必ずしも合格するとは限らない。
では、どうするのか。
私は複数校に応募して結果次第で一番自分の希望に合う学校を選ぶようにしている。
募集する日本語学校も非常勤講師を選ぶならば、
こちらも選ぶ権利があると思う。

数年前の非常勤講師の時給は、高くて1,500円程度だった。
ところが、最近は1,500円という安い時給の日本語学校はほとんどない。
経験年数によっては2,000円を超える非常勤講師もいる。
何故、日本語学校の非常勤講師の時給が上がってきたのか?
私的な見解だが、日本語学校が増えていることで、非常勤講師不足の傾向になりつつあるからではないだろうか?

学生数800年程度の日本語学校が池袋にある。
この学校の非常勤講師の人数は、60名という異常に多い人数である。
その理由は、一時的に学級が増える時期だけ非常勤を募集しているからで、
半年足らずの採用という短期間の非常勤が多いからで、
既に学校には来ていない非常勤講師も存在している。
私もその1人ある。
こういう短期間の採用の日本語学校もあるので、採用時にきちんと確認した方がいい。

↑このページのトップヘ