全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設。「絆・仲間・追及」が本会のモットー。メンバーは随時募集。オンライン代表のYukitoは「italki」で、プロの日本語講師。留学生の論文添削(志望理由書・研究計画書などの添削)と大学・大学院の面接練習がメイン。BASEの「JJPT日本語教育教材販売」で「過去に合格した模擬授業の教案」などを販売中!https://jjpt.theshop.jp/

★登録日本語教員の国家資格の制度化により、この業界も大きく変わっていくことが予想されます。このブログを非常勤講師の方々の交流の場として利用していただきたいと思います。
★日本語教育の非常勤講師として一緒に考えていきたい、また、こんなことをしてみたいと思われる方がございましたら、会員応募をお願いいたします。

【JJPT代表 森幸人 プロフ】
〇元公立学校管理職、広島大学大学院修了
〇 国内外の大学で日本語の専任講師を経験
〇現在、 オンラインプラットフォーム「italki」のプロの日本語講師
〇ノンフィクション出版。

横浜に新設予定の日本語学校に応募した時のことである。
面接期日を事前にメールで連絡してきたが、
それから数日後、突然、「面接はありません。」とメールが送られてきた。
採用者が決まったのか、面接の必要がなくなったようだった。
こういった不愉快な扱いをする腐りきった学校には行かない方がいい。
所詮、非常勤講師を将棋の駒くらいにしか考えていない。
日本語学校とは名ばかりで、利益優先だろう。
働きやすい学校を求めて、どんどんチャレンジすることをお勧めする。

非常勤講師の募集は、1年間絶えることはない。
しかし、採用は4月が有利。
理由は、3月に留学生が卒業して、クラス数は減る。
クラスが減ると必然的に、非常勤の持ち時間も減ってくる。
4月以外に採用された場合、持ち時間が減らされる可能性は大きい。
実際に私は「4月からは週1も難しい」と言われたことがある。
古株の非常勤講師優先で、新しい非常勤講師は後回しになる。
したがって、できるだけ4月採用、もしくは、新しく開校する日本語学校を狙うのが得策である。

非常勤講師の勤務と待遇は、最初が肝心である。
最初に決まった勤務と待遇条件(時給:〇〇〇円、シフト:何曜日と何曜日の午後)が、ずっと続くと思えばいいと思う。
余程のことがない限り大きく変わらない。
まず、時給は上がらないし、下がることもない。
シフトについては、学生数の増減で変わってくることもあり、本人の実力次第では減らされる場合もある。
もし、今勤務している学校が嫌ならば、新しい学校にチャレンジしてみてはどうだろう。
日本語学校は、都会に出ればいくらでもあるので、自分に合う学校にたどり着くかもしれない。

非常勤講師の先生方でご自分の勤務されている、または、勤務されていた学校で、
ブラックな日本語学校だなと感じられたことはありませんか?
私が勤務していた日本語学校で、明らかに金儲け主義であり、
留学生とは名ばかりの学生が多い学校がありました。
また、突然、理由もなく解雇された〇〇〇国際語学センターという学校がありました。

もし、非常勤講師の皆様の身の周りにブラックな日本語学校がありましたら、
〇〇〇国際語学センターという感じで学校名を書いて、具体的な事実を書いていただきたいと思います。

国内の日本語学校は年々増加していますが、
評判の悪い日本語学校もあります。
全くゼロとは思えません。
情報共有の場にできたらと考えます。

非常勤講師の中に69歳で非常勤に採用された方がいた。
しかも、異業種からのスタートであった。
その方は、未経験者ということで、
毎回、指導案を提出するよう学校側から求められてと話されていた。
それでも、やりがいに満ちた表情がうかがえた。
大変、謙虚で前向きな姿勢に学ぶものを感じた。
同時期に65歳の元教員の方が非常勤として採用されていた。
最近、60歳を超えた方が非常勤として採用されているのを目にする。
非常勤講師不足と言えばいいのか、60代でも元気な方、やる気がある方が多いのでは。

↑このページのトップヘ