全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設。「絆・仲間・追及」が本会のモットー。メンバーは随時募集。オンライン代表のYukitoは「italki」で、プロの日本語講師。留学生の論文添削(志望理由書・研究計画書などの添削)と大学・大学院の面接練習がメイン。BASEの「JJPT日本語教育教材販売」で「過去に合格した模擬授業の教案」などを販売中!https://jjpt.theshop.jp/

★登録日本語教員の国家資格の制度化により、この業界も大きく変わっていくことが予想されます。このブログを非常勤講師の方々の交流の場として利用していただきたいと思います。
★日本語教育の非常勤講師として一緒に考えていきたい、また、こんなことをしてみたいと思われる方がございましたら、会員応募をお願いいたします。

【JJPT代表 森幸人 プロフ】
〇元公立学校管理職、広島大学大学院修了
〇 国内外の大学で日本語の専任講師を経験
〇現在、 オンラインプラットフォーム「italki」のプロの日本語講師
〇ノンフィクション出版。

ほとんどの日本語学校が、4月、7月、10月、1月の4学期制である。
したがって、各学期の2か月前になると、
次の学期の非常勤講師を募集する。
年に4回は求人の山がやってくるが、
その間にも日本語学校の諸事情で非常勤講師を急募する場合がある。
さらに新規開設校の求人もあるのでチャンスは多い。
数年前までは、求人に年齢制限や経験年数も記載されていた。
最近は日本語学校の非常勤講師不足で、
求人の条件が甘くなってきている。
未経験者で上級クラスを担当させる学校さえある。
これまで色々日本語学校を見てきたが、
一番思うことは、非常勤講師の出入りが激しいことである。
理由は様々だが、学校側が辞めさせる場合もあれば、
非常勤講師サイドから去っていく場合もある。
この業界の非常勤講師の定着率は果たして高いと言えるだろうか?

私の場合、掛け持ちで非常勤講師をしているが、
時給に大きく開きがあり、一方では経験があっても経験なしとして最低の時給、
一方では2,000円を超える時給と評価が分かれている。
前者の学校ではどういう基準で経験なしとしているのか尋ねたが、
回答はなかった。
いい加減で曖昧な時給を提示する日本語学校はやめたほうがいい。
面接の段階で時給についても質問しておいた方がいいと思う。
私の場合、経験が有るのでまさか未経験者と同じではないだろうと考えていた。
そこに大きな落とし穴があった。

非常勤で担任をどうかと学校側から打診されることがあるが、
私だったらはっきり「しません。」と断る。
担任の仕事は多岐に渡る。
成績と所見、願書の遂行・推薦書記入、大学院進学の学生には研究計画書の指導、
テストの採点、場合によってはテストの作成など、
これでは専任と同じではないか?
わずかな担任手当で引き受ければ、大変な仕事が待っている。
以上は私見なので参考までに。

ほとんどの日本語学校で担任でもないのに非常勤講師が学生の成績をつけることはなかったが、
たまに非常勤講師にも担当クラスの成績とコメントを提出させる日本語学校がある。
本来、学生の成績は専任の仕事だが、
非常勤全員に成績を提出させる学校があった。
勤務時間外の仕事であり、それをさせるならばそれなりの手当てを出すべきである。
当たり前のように言ってくる日本語学校は要注意。
私はすぐに辞めて新しい日本語学校に勤務した。

↑このページのトップヘ