全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設しました。「人に優しく、謙虚に、認め合う」が本会のモットーです。メンバーを募集してます。

★今や新型コロナ感染拡大により日本語教育の先行きは不透明で、今後、日本語教育の現場は、大きく変わっていくことが予想されます。このブログを非常勤講師の方々の交流の場として利用していただきたいと思います。
★日本語教育の非常勤講師として一緒に考えていきたい、また、こんなことをしてみたいと思われる方がございましたら、会員応募をお願いいたします。

【JJPT代表 プロフ】
〇元公立学校管理職、広島大学大学院修了
〇 国内外の大学で日本語の専任講師を経験
〇現在、 都内有数の日本語学校、専門学校で非常勤講師
〇ノンフィクション出版。

助詞「中級を学ぼう」(スリーエーネットワーク)では、左のように「は」と「が」の整理として例文だけが記載され詳細説明はない。
「みんなの日本語」(スリーエーネットワーク)では、初級から例文が出てくる。特に違いの説明は記載されていない。
結局、自分で調べなければ教えることはできない。
「初級を教える人のための日本語文法ハンドブック」(スリーエーネットワーク)に「~は」と「~が」の違いが分かりやすくまとめられている。
基本的に「~は」は主題(~については)で、「~が」は主語になる。
また、後件に名詞や形容詞がくる名詞文や形容詞文は、「~は」を使うのが基本。
さらに、後件に動詞がくる動詞文は、「~は」「~が」の置き換え可能といったことが書かれている。
「~は」「~が」は、教師も意外と分かっていない。整理しておく必要を感じた。

ある専門学校の日本語学科で非常勤講師をしたとき、
月末の給与明細を見て驚いた。
何と消費税が給与から差し引かれていた。
有りえない。
その学校は2か月で辞めた。
何故、給与に消費税がかかるのか未だに不明。
日本語学校は、勤めて初めて分かる意外なことがある場合がある。
こんないい加減な学校は辞めた方がいい。

携帯授業中の携帯電話は使用禁止?
日本語学校では、最近、始業前に全員の携帯電話を教師が集める学校が多いようだ。
以前は自由にさせていたが、授業中にチャットやゲームをする学生もいる。
授業に集中させるには集める方がいい。
私も携帯電話は、集めて使用禁止にする方に賛成である。

助詞日本語の助詞は、外国人にはとても難しい。
当たり前のように話す日本人は耳から覚えて使い分けている。
外国語は全てそうだろう。
助詞の使い分けについて、「日本語文法ハンドブック」(スリーエーネットワーク)が教師用にお薦め。
助詞の使い方が細かく書かれている。
日本人を何年もやってきているのに、なるほどと思うことが多い。

募集日本語教師の非常勤講師の求人情報を募集しています。
ブログのTOPページからINできます。
Googleのフォームを利用していますので、
必要事項を記入すれば自動的に情報が掲載されます。
  • ライブドアブログ

↑このページのトップヘ