全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、非常勤講師の横のつながり、交流の場、役立つ情報提供 の場として開設。「絆・仲間・追及」が本会のモットー。メンバーは随時募集。オンライン代表のYukitoは「italki」で、プロの日本語講師。留学生の論文添削(志望理由書・研究計画書などの添削)と大学・大学院の面接練習がメイン。BASEの「JJPT日本語教育教材販売」で「過去に合格した模擬授業の教案」などを販売中!https://jjpt.theshop.jp/

2019年10月

文科省に日本語学校のパワハラ問題を報告した。
回答はないだろうが深刻な問題として文科省に受け止めていただきたい。
内容は下記の通り。

前略、元公立小学校を退職した後、日本語学校で非常勤講師をしています。全国日本語教育非常勤講師会(JJPT)の代表をしていますが、職場のパワハラアンケートを全国的に調べると70%がパワハラを受けたと回答しています。日本語学校は、公立小中学校より深刻です。文科省で詳しく実態を調べていただきたいです。「公認日本語教師」どころではないとないと思います。現実問題として日本語学校は学生の質も悪く荒れています。よろしくお願いいたします。

神戸市立東須磨小学校の4人の教員によるパワハラ・セクハラ問題は、前代未聞だ。
府知事が公言したように4人の処分を即刻行うべきではないか?
また、前校長・現校長の処分も必要。
さらに神戸市教育委員会の長たる教育長も同じく責任を負うべきではないか?

このような有りえない教員の恥ずべき問題は、絶対許してはならない。
問題を起こした4人は、当然のことながら懲戒免職!

JJPTで調査した結果、日本語学校で70%の方がパワハラを受けたと回答している。

パワハラ日本語教師を絶対許してはいけない。
即刻、事実を学校、警察、文化庁等に報告するべきだ。


パワハラ

↑このページのトップヘ