全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、日本語教育の非常勤講師間の交流の場、役立つ情報提供の場として立ち上げました。

2019年12月

非常勤講師も年次有給休暇が5日間取得可。
意外と知られていないかも?

2019年4月から労働基準法改正に伴い義務付けられている。


仮にコマ給45分2,000円として、1日4コマで8,000円。
年次有給休暇5日で8,000円×5日=4,000円ということになる。
ただし、勤続日数と所定労働時間を満たせば5日取得可、状況によって取得日数は異なる。





日本語学校のほとんどの学校が教科書を忘れたらコピーをさせている。
授業中に事務室まで行って、コピーをさせ代金を支払わせるといったパターンが多い。

学校教育の現場では、まずこういった対応はしない。
学生が教科書を忘れたら隣の学生に見せてもらうことが多い。

忘れる学生は、ほぼいつも決まっている。
その学生の指導をきちんとしないかぎり繰り返す。

忘れたらコピーでは何の指導にもならない。

「ハンカチを広げる」と言うが「ハンカチを開く」とは言わない。
また、「本を開く」と言うが「本を広げる」とは言わない。

「開く」は閉じた物に使い、「広げる」は面積を大きくするときに使う。

何気なく使っている日本語も使い方の違いを意識して使っていることは少ない。
尋ねられると使い方の違いを答えられないことが多い。
留学生は日本人が意識して使っていない言葉について質問をしてくる。
こちらが勉強になることが多い。

↑このページのトップヘ