全国日本語教育非常勤講師会☆JJPTブログ

◎本会は、日本語教育の非常勤講師間の交流の場、役立つ情報提供の場として立ち上げました。

2020年02月

日本語学校も新型肺炎で、4月以降の留学生受け入れが難しい状態にある。
特に中国からの受け入れは、難しくなっている。
クラス数の減少は避けられない状態になってきている。
民間の日本語学校が多い日本では、今回の新型肺炎の影響は利益減で大打撃となる。

合わせて留学生減少による経済損失も大きい。

日本全国の小中学校は休校という要請が日本政府から昨日あった。

しかし、日本語学校や専門学校ではバラバラの対応となっている。

休校の日本語学校もあれば、全く何も対応をしない日本語学校がある。

非常勤講師の反応も様々だが休校になると収入減になるのは痛い。

日本国内の新型肺炎の蔓延は日々大きく広がりつつある。
世界中にも広がっている。
まさにパンデミックだ。
このまま広がれば、世界的な危機を迎える。

世界規模で協力しなければ防がないだろう。

日本国内のある日本語学校では、学生が休校の嘆願書を提出した。
誰がいつどこで感染するか全く分からない。

↑このページのトップヘ