専任をするのはどうかと思う。
なぜならあまりにも問題が多いからだ。
学生、職場の待遇、教師間のレベルの差など上げればきりがない。
日本語学校の環境は、学校教育環境に比べればかなりレベルが低い。
改善すべき点が多過ぎる。
都内有数の日本語学校でも担任任せで学校として統一すべき点が曖昧にされている。
過去にニュースになった東京福祉大学の件について文化庁はあれ以来全く触れようとしていない。
日本語教育の現場は、働きやすい職場とは言い難い。