日本語学校も新型肺炎で、4月以降の留学生受け入れが難しい状態にある。
特に中国からの受け入れは、難しくなっている。
クラス数の減少は避けられない状態になってきている。
民間の日本語学校が多い日本では、今回の新型肺炎の影響は利益減で大打撃となる。

合わせて留学生減少による経済損失も大きい。