私が勤務する専門学校では日本政府の入国拒否が解除されず、留学を諦めた学生がいた。
東京都内に集中する日本語学校は、東京都の新型コロナ感染者の増加で深刻な状況に追いやられている。
この状況が続けば、年内の留学生受け入れはかなり厳しくなる。
つまり、来年度は留学生が激減し、経営が成り立たなくなる。
日本語教師も必要がなくなるということだ。
まさに「新型コロナと共に衰退していく日本語教育」と言えるだろう。