岸田さんは、国葬によって総理としての業績を残せると思っていたのだろうが、意外にも国民の過半数の反対を受け、このあたりから読み違いが始まった。国葬を行うと菅氏の感動的な言葉に主役を奪われたと考えたようだが、器が小さすぎるし、そんな考え方しかできない人が総理では、国政をまともにできるはずがない。実際に物価対策を始めとして、国内の課題は全く手つかずで、何もしない、何もできない。政治家として、人として、力量の低い岸田さんが総理では、日本の将来は期待できない。