最近、私のレッスンの噂や話を先輩や友達から聞いたという学生がときどき私のオンライン授業を受けている。昨年は東大大学院に2名の留学生が合格した。私のレッスンは、大学・大学院の面接練習と研究計画書や志望理由書の添削、論文試験対策がほとんどで、日本語の文法を教えるようなレッスンリクエストはほとんどない。レッスンリクエストをしてくる学生の中には、私のレッスンを受ければ合格できると思っている学生がいるようだ。学生には、毎回、合格ラインにいるかどうか、私の考えを伝えるようにしている。なぜ、そこまで言い切れるのか。私はこれまでに数多くの留学生の面接練習をし、面接のデータを集め、多くの研究計画書や志望理由書を読んできた。私自身、大学院を修了している点も今に生かされている。毎回、基本的に学生のレベルよりやや高いレベルを設定して、学生に何をすればいいかを伝えている。中には私に反感を持つ学生も稀にいるが、自分の現状を受け入れない学生は、成長することがない。レッスンを断るようにしている。謙虚な姿勢で、いつも人から学ぶ姿勢を私自身も持ち続けたい。

Yukitoで日本語を学ぼう - italkiの日本語講師